空き家の一戸建てを活用

内観

期間を設けての賃貸経営

現在、ご両親が他界されるなどして実家の一戸建てが空き家になっており、活用法を検討されている方は、リロケーションを活用されてはいかがですか。リロケーションは一戸建て住宅を期間限定で賃貸し、家賃収入と空き家管理の手間を省く便利な不動産サービスです。将来的には実家に居を移す事も検討しているが、まだ当分は移り住む予定がないなどの時は、有効な空き家活用法となります。リロケーションを行いたい場合は、一般的な賃貸経営と同様に不動産管理会社を仲介して行う事をおススメします。大手不動産管理会社では、リロケーション物件を管理する専門の子会社を持っている所もあり、リロケーションの実績も豊富な事からおススメといえます。管理会社とリロケーション委託契約すると通常管理のほか、入居者募集や賃貸借契約、クレーム処理などの賃貸にかかる業務を、代行してもらえるのが一般的です。委託契約している期間は、リロケーション会社に委託手数料の支払いが必要となりますが、委託手数料を差し引いた残額を、家賃収入として所有者は得る事が出来ます。また、空き家ではなく人が日頃から住んでいる事で、入居者が家の管理を最低限行ってくれる為、家のコンディションを良い状態に保つ事が出来るのも良い点です。空き家であろうと、固定資産税や相続税などの経済的負担は継続しますので、リロケーションで賃貸経営すれば家賃収入により、経済的負担を減少させられます。期間を指定しての賃貸契約なため、自分がそろそろ住みたいと思ったら、賃貸契約終了後にすぐ移り住むことが出来ます。

Copyright © 2017 評判高い東急コミュニティーを利用|経営者の強い味方 All Rights Reserved.